shabby style blog

kaoshabby.exblog.jp
ブログトップ

2014年GW フランス旅行5日目 (オルセー美術館とサイクリング 編)

4/30(水) 連日の疲れがたまり、MIOがしんどくなってしまいました。
普段沢山寝る子なのですが、同じ部屋で寝ていても、私は寒くてMIOは暑い。
そんな事もあって、熟睡も出来ていなかったのかもしれません。
なかなか起きれないMIOに 『ヴェリブ乗ろうか?』 と言うと、 『乗る~!!』 と。
何とか起きてくれました。(笑)

ヴェリブ・・・とはレンタサイクルの事です。
チケット代+自転車使用代で借りる事が出来るのですが、チケット代は1日券(1.7ユーロ)、7日券(8ユーロ)、1年(29ユーロ)と期間が決まっており、自転車使用料は1回の使用が30分以内なら無料です。
・・・と言う事は、30分毎にヴェリブの乗り換えをすると、自転車使用料を掛けずに乗る事が出来る・・・と言う事。
そして、それが可能なほど、街のあちこちにヴェリブ置き場があるのです!!

実は、私達が泊まったホテルの真ん前もヴェリブ置き場だったので、ホテル前から乗ろうと外に出たら・・・自転車がな~~い!!(>_<)
そう言う事もあるんですよね。
みんな通勤に使っているのかな~?
ちなみに、ちょっと出遅れると、人気の観光地のヴェリブ置き場が満車になって、停められなかったりもします。
そんな時は、他のヴェリブ置き場を探してさまよう事に・・・。
借りる自転車がないと言う事よりも、満車で返せないと言う事の方が多くて、これは結構困りました。

さて・・・仕方ないので、文句ブーブーのMIOをなだめて、メトロでオルセー美術館へ。
e0107495_15523455.jpg
写真はホテル最寄りのメトロ駅ノートルダム・ド・ローレット。
バレエのポスターが貼ってありますよ。素敵♪

オルセー美術館は昔国鉄の駅だったとの事。
広々した真ん中のホールには彫刻が、両脇の各部屋に絵が飾られています。
e0107495_15523761.jpg
残念ながら作品の撮影は禁止なので、チラリと雰囲気だけ。

オルセー美術館には、私の好きなミレーの「落穂ひろい」があります。
子供の頃に本で見て、優しいタッチに惹かれていました。
本物を観られる日が来るなんてね~。

正直、ルーブルは超有名作品が観られて良かったけれど、私はオルセーも好きです。
今回観た中では、こちらの方が好きな作品が多いかも。

オルセーと言えば、ゴッホやゴーギャンが有名だと思いますが、私は両方ともそんな好きではないです。
鮮やかな作品よりも、写真のようななめらかで美しい風景画が好きなんです。

なので、モネやピサロ、他にも名前は知らないんだけれど惹かれる絵が沢山ありました。
ルノワールの人物画は好きではないんだけれど、風景画は結構好きだなって思ったり。
広いけれど、広過ぎるほどでもなく、じっくり絵を観られて本当に楽しかったです。

お昼頃にオルセーを出て、自転車で移動しようと言う事で、美術館横にあるヴェリブ置き場へ。

まずチケット代を購入する手続きをします。
すっごく分かりづらいんですけど、機械を英語表示に切り替える事が出来ます。
利用登録を押し、期間を選びます。
ヴェリブ用の暗証番号4ケタを決めて、ICチップ付きのクレジットカードで決済・・・と言う流れなのですが、初回なので、まあ分かりづらいったらない。
あれこれ奮闘しているうちに機械がフリーズしてしまい・・・借りる事が出来ませんでした。が~ん。
しばらく粘ったけれど、使えそうになかったので、諦める事に・・・(;O;)

ダンナが、 『アンジェリーナ』 でお茶したいと言うので、ルーブル美術館とオランジュリー美術館の間にあるチュイルリー公園を横切ってリヴォリ通りのアンジェリーナへ。
どうも有名なモンブランが食べたかったようです。(笑)
それぞれ、好きなケーキを選んで、ジュースを2本(こんな高級カフェでもジュースは瓶で出て来るんですね。ビックリ。)・・・しめて・・・49ユーロ!!!( ゚Д゚)
え・・・え~っと・・・¥7000の休憩時間でございました。ひ~~~~!!
e0107495_15523959.jpg
さて、この近くにもヴェリブ置き場があり、お茶の後は再チャレンジ。
ようやくチケットを4枚購入し、自転車を借りる事が出来ました!
みんなでエッフェル塔を目指してGO!

パリは車の運転が結構荒くて、交通量も多いのですが、自転車は車道を走ります。
そして、自転車用の標識もあり、自転車専用レーンを走らないと罰金の対象になるのだとか。
一方通行の道路もすごく多くて、日本と同じ進入禁止の標識は自転車に対しても当てはまるので、地図を見て予定していた道が走れず遠回りをして、どこを走っているのか分からなくなったりします。(涙)
パリっ子達は、スイスイとバイクのように道の真ん中を走ったりするのですが、怖くて怖くて、車道の端っこを走りました。

どうにかこうにか、エッフェル塔最寄りのヴェリブ置き場に到着。
e0107495_15524245.jpg
自転車を返却した後、近くのパン屋さんで、バケットサンドやピザ、キッシュを買って、エッフェル塔下のシャン・ド・マルス公園でランチにしました。
e0107495_15524411.jpg
ランチの後はエッフェル塔に登ろうかと思ったけれど、大行列!!!
登ってみたいけれど、ここからだとエッフェル塔のある景色は見られないし、どうなの?と思い・・・そこまで執着もなかったので登らない事にしました。

真下から見上げるエッフェル塔は、何だか女の子のスカートの中を覗くみたいで申し訳ない気持ちに・・・。(笑)
e0107495_15525028.jpg
そのままセーヌ川に出て、 『バトー・パリジャン』 の観光船に乗りました。
船のチケットは、日本でミュージアムパスを購入した時に一緒に買うと安くなると言う事だったので、購入してありました。

エッフェル塔からサン・ルイ島の先まで行って、折り返して戻って来ます。
船から見る建物も素敵ですが、セーヌ川に浮かぶ、船のレストランや住宅も面白かったです。
e0107495_15525486.jpg
セーヌ川を挟んだルーブル美術館のお向かいに、国立の美術学校を発見!!
すごいな~。
毎日、ルーブルを眺めながら勉強出来るんだ・・・。
18歳までは美術館が無料なので、パリの子供達は芸術に触れる機会も多いし、学ぶ環境も整っていて素晴らしいな~!と本当に思いました。

船の折り返し地点、サン・ルイ島の先辺りを見ると、近代的なビルが建っていて、普通の都会です。
急に現実に引き戻された感じがしました。

エッフェル塔まで戻り、またヴェリブを借りて・・・ガイドブックにはマレ地区のサンマルタン運河辺りがサイクリングに良い道だと書いてあったので、そちら方面を目指す事にしました。
とは言っても、エッフェル塔からサンマルタン運河って・・・もう、パリ横断です。(^^;)
地図を見て方角も分かるんだけれど、何せ一方通行が多くて通れる道を選んで走っていたら、一体今どこにいるのかが分からなくなってしまいました・・・。
そろそろ北に入らなきゃいけないのかな?と思ったら、まだルーブル付近だったり。

結局、ゴールまでかなり遠そうだったので、またもやポンピドゥーセンター付近でヴェリブを返却し、雑貨屋さんを見て歩いたり、フランス銀行付近のパッサージュを見に行ったり(既に閉まっていたけれど)して、またMIOの希望でヴェリブを借りてオペラ座付近まで戻りました。
MIOは沢山自転車に乗れてとっても楽しかったようです。
借りたり返したりの繰り返しで、すっかり機械の操作も手馴れて来た子供達。
RIKUはクロックスが大好きで、中学校にも間違えてクロックスで行った事が数回あるけれど、恥ずかしながらパリでもほとんどクロックスでした。(笑)
e0107495_15525862.jpg
私は脚がガクガクで、自転車の方が余計に疲れました~。(-_-;)
地図係は私なので、道を調べながら走るのも結構しんどかったんですよね。

夜は何を食べる??って事で、ダンナはフランスっぽいものが良いと言っていたんだけれど、私はパンはもう嫌で、温かい物をバクバク食べたいと言う欲求があり、ちょうど子供達もそんな雰囲気だったので、とうとう気になっていたラーメン屋 『ひぐま』 に入る事になりました。(笑)
外人さん達で大繁盛のラーメン屋。日本人の女性スタッフもいました。
e0107495_1553040.jpg
ラーメンと餃子を頼んでみたところ、餃子もラーメンも美味しいんだけれど、何か・・・ 『???』 と言う感じ。
やっぱり日本で食べる方が美味しいです。
何が違うのかな~。
e0107495_1553320.jpg
スープは美味しいけど、麺が何か違う・・・って事でダンナがお会計の時に聞いてみると、フランスでは 『かん水』 が手に入らないので、出来るだけ日本の麺に似せるように工夫して作っているのだとか。
へぇぇ~。
この時代、材料がないなら取り寄せれば・・・と思うけど、コストの問題とかがあるのかなぁ。

お腹もあったまって、大満足。
ラーメンを食べたのに、外に出ると、やっぱりパリ。
e0107495_155366.jpg
のれんの周りを見ると、建物が綺麗すぎて違和感が~!!(笑)

そして、またまた徒歩でホテルに帰りました。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-15 16:00 | 2014年フランス旅行