人気ブログランキング |

shabby style blog

kaoshabby.exblog.jp
ブログトップ

歯列矯正

子供達を歯医者に連れて行ったのは1年以上振りでした。
今の家に越して来てからは最寄り駅近くのとても厳しくて有名な歯医者さんに通っていたのですが、なかなか予約が取れない事もあり、行かなくなってしまいました。
それから1年以上が経って、別の歯医者さんで検診を受けたのですがどうも歯石取りが痛かったみたいで、RIKUが 『もうあそこには行かない。』 と言い出しました。
学校の検診では虫歯で引っかかる事もなかったのですが、いよいよRIKUが中学生になり本格的に矯正の事を考えたいので周りの子が通っていて評判の良い歯医者さんに通う事にしました。
まず4月に2人が検診を受けて、虫歯をチェックしてもらう事に。
2人とも虫歯はありませんでした。
実は私も・・・今まで虫歯になった事がありません。(エッヘン!)
ダンナもこの間生まれて初めて虫歯が見つかった程で、とにかく我が家は虫歯とは縁がなかったのでした。
でも、2人とも、永久歯が生えているのに乳歯が抜けていない部分があり、それを抜歯する必要があるとの事。
MIOはグラグラだけれど、RIKUはかなりしっかり生えていて、永久歯にぶつかっている部分が虫歯になっている恐れもあるとの事でした。
歯など抜いた事のない子供達。恐怖でいっぱいでした。
が、この日はMIOの誕生日で焼肉に行く事になっていたので後日抜く事になりました。



で、翌日。
もともと矯正相談で予約を入れていたMIOは、即抜歯をしました。
子供は麻酔の注射をするための表面麻酔をしてくれるらしく、まったく痛みはなかったそうです。
家に帰ってその話を聞いたRIKUは 『MIOが大丈夫だったなら大丈夫やな。』 とちょっと安心したみたいです。
RIKUはもうなかなか言う事を聞かないので、歯医者に連れて行くのも一苦労。
抜くなんて、どうしようかと思っていたけれど、MIOが先に抜いてくれたのでRIKUもその後、何とか抜歯だけは出来ました。(笑)
歯科矯正も絶対に嫌がると思っていたけれど、何年も前から言い続けていたのでやらなきゃいけないのかなぁ・・・?とは思っていたみたいです。
でも、説明を受けると、矯正でいじめられるかも?と言う不安もあるみたいで、矯正をしている人の方が少ないんだから、しなくたって良いでしょ・・・って感じです。

この日はMIOの予約だけだったんだけれど、MIOは下の歯が生まれつき2本足りないので絶対に上の歯も2本抜かないといけないとの事。
小さい頃に指摘されて、永久歯の数を確認するためにレントゲンも撮った事があるのですが、その時に永久歯も足りない事が分かっていたので、仕方がないかな・・・と言う感じ。
RIKUは以前通っていた歯医者で、永久歯が生えそうになると横にある乳歯の幅を削って永久歯を綺麗に収めてくれていたので、そこそこ揃っているように見えるのですが、今回、横の歯が開咬と言う状態になっている事が分かりました。
開咬と言うのは上下の歯が噛み合わず隙間が開いている状態の事です。
RIKUの場合はパッと見たら分からないんだけれど、片側がこんな感じだと変な噛み癖がついて顔の筋肉に歪みが出ないだろうか?と気になります。
是非矯正をして欲しいんだけれど、今は本人やる気なし。
RIKUは抜歯しなくて良いから、楽なのになぁ。(涙)
今がちょうど良い時期だから、早いうちに始めた方が、早く終わるのに・・・。
でも、こればかりは本人が嫌がったら出来ないものね。

逆に、MIOは本人が今の歯並びをかなり気にしているので、出来るだけ早く初めて、早く終わりたいと思っているようです。
バレエ教室のお姉ちゃん達も歯列矯正をしている子が多いので、抵抗は全くないみたいで、本当に助かります。
でも、MIOの場合は、まだ永久歯が生え揃っていないので、レントゲンや歯型で相談と言う感じです。

で、5月に歯の型取りをして、先日それを見ながらの相談がありました。
MIOは次に生えて来るのが左右の八重歯の部分です。
特に右側はもうちょっとで歯の角が飛び出て来そうです。
・・・ですが・・・この写真。
e0107495_12543355.jpg
既に八重歯があるように見えるでしょ~?
この横に出ている歯は八重歯の後ろになる歯なんです。奥歯です!
そして、この歯とその前の少し奥に引っ込んだ歯の上から、大きな八重歯が出て来ようとしています。(汗)

そこで・・・①今八重歯のように見えている両方の4番目の歯を抜いて、前歯を整える。と言うのが第一で、先生もそれで・・・と見積もりを出してくれていました。
でも、私は大人になってから矯正した人間なので、色々意見や後悔もあり・・・どうせやるならこの一回で最善の歯並びにしてもらいたいわけです。
今は金額が多少上がっても、せいぜい 『追加』 と言う程度です。
将来その部分をまた治したいと思ったら、また年単位の時間が掛かり、その追加料金の額だけでは絶対に出来ないのですから、是非パーフェクトな歯にして頂きたいと思います。
なので、①はもちろん、②奥歯の噛み合わせも揃える。③前歯の噛み合わせが深過ぎるので調整する。④前歯の角度が出っ歯気味なので改善する。と言う部分も追加治療してもらう事にしました。
先生は普通の歯列矯正器で2年くらい・・・と見積もってくれていたのですが、こうなると12歳臼歯が出た後の調整も必要になるので4年くらい掛かるかも・・・と言うお話でした。
出っ歯の改善にはヘッドギアを使う事になり、矯正器具はプラスティックの目立たない物をお願いする事にしました。

・・・ここまでが決まったり、終わったりした事。

今後は7月に2回に分けて、八重歯の後ろの歯を一本ずつ抜きます。
それから、八重歯が生えて来るのを待ちます。
上手く行けば、抜歯した隙間の部分に自然に移動して下りて来るかもしれない・・・との事でした。
八重歯が生えたのを見計らって、八重歯を後ろに引っ張りつつ、前歯が出っ歯にならないようヘッドギアをつける、と言う治療を始めるそうです。
下の歯は乳歯があるので今は何も出来ないそうで・・・。
矯正のタイミングも難しいですねぇ。

RIKUは話を聞きながら 『矯正したらMIOの方が歯並びが良くなるの?』 とちょっと悔しそうだったのですが・・・どうなるかなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by shabbystyle-kao | 2011-06-14 12:56 | 日常