shabby style blog

kaoshabby.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2014年フランス旅行( 12 )

2014年GW フランス旅行 9~10日目 (シテ島・帰国 編)

5/4(日) 帰国の日になりました。

お願いしていたお迎えが10時にホテルに来るので、てっきりホテル周辺を散歩するくらいかと思いきや・・・ダンナが 『シテ島に行くぞ。』 と。
そんな訳で、ホテルのダイニングでパンをもらって(笑)、メトロでシテ島へ。
シテ駅を出ると目の前が、普段はガーデニング雑貨の出店のような感じなのですが、日曜日は小鳥市場になるのです!
もらって来たパンをかじった後は、ブラブラと鳥を見て歩きました。
e0107495_15183682.jpg
私は鳥の事、全然分からないので、どれが何の鳥なのかサッパリ分かりません。
綺麗な鳥ばっかりで、ただただビックリ~!
e0107495_15184269.jpg
すごい!派手派手!!
e0107495_15184543.jpg
鳥好きにはたまらないでしょうね。
パリの人は鳥が好きなのかな。

ギュウギュウに鳥が押し込められているカゴもあり、MIOが可哀想、可哀想・・・と言っていました。
e0107495_15185231.jpg
エサの種類も豊富です。
e0107495_15185542.jpg
こんな大量のエサを見たら、今はギュウギュウでも、きっと可愛がってくれるお家に売られて行くんだろうなって思えました。

貴重な朝の1時間半・・・無駄なく使えて良かったです。
ダンナの行動力はすごいわ・・・ホント。

ホテルに戻って、チェックアウトしていると、ちょうどお迎えが。
今度は時間通り・・・。(笑)

空港までの道が混む可能性があるとの事で、フライト時間の3時間半前にお迎えに来てくれるのですが、道が空いていたので30分くらいで空港に到着し、結構時間が空いてしまいました。
子供達は椅子でゲームをしたりしていて、私とダンナはそれぞれ最後のお土産探しでブラブラとお店を見て回りました。

13時半出発。
今度は寝なければいけない飛行機なのですが、なかなか寝れなかったです。

MIOはまたまた、映画・・・
e0107495_15185847.jpg
ほんっと、飽きないね~!!(^^;)
e0107495_1519045.jpg
夕食は、カレーかチキンのレモンクリームソースだったので、MIOがカレーをリクエストしたら・・・ちょうどなくなったとこでした。
CAさんが英語で一生懸命謝ってくれたけど、もう一つのレモンクリームソースって言うのが、すごく癖があって酸っぱいし、ご飯みたいなやつも、麦でイマイチ・・・。
サラダもイマイチだったので、MIOはどれも好きじゃなくて何も食べられませんでした。
好き嫌いと言ったらおしまいだけど、癖のあるものばかりって言うのも困るな~。
カレーはRIKUが完食していたので、美味しかったんだろうなぁ、きっと。

寝なきゃいけないのに寝られない・・・と言う辛い11時間を経て、日本時間5/5午前8時過ぎに関空に到着しました。
e0107495_1519356.jpg
関空からはシャトルバス、電車、バス、と乗り継いで、午前中に自宅に帰りました。

シュガーはいつものホテルに預け、モカは近所の友達に家に通ってもらってお世話をしてもらいました。
モカは最初は警戒していましたが、5分も経つといつも以上に甘えて、数日間は私にベッタリでした。
元々甘えん坊なので、寂しい思いをさせていたと思います。
私のお腹に潜るようにして、指しゃぶりをしてました。(≧▽≦)
e0107495_1519655.jpg
今回も、かなり充実した旅行になりましたが、MIO曰く・・・ 『パリはもう良いわぁ~。』 だって。(^^;)
観光ばかりで疲れたみたいです。
それでも、美術館や歴史的建造物を見てまわった事が、少しでも記憶に残って、何かの役に立つと良いんだけどなぁ。


毎度の事ながら、長々と綴った旅行記を読んで下さって、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-26 15:22 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行 8日目 (モンサンミッシェル~ポンレヴェック村 編)

修道院に着くと・・・開いてました!!本当に良かった!!
内部見学は、現地のガイドさんのお話を、日本人ガイドさんが訳してくれる感じで進みます。

今まで見て来た豪華な建物とはちょっと違って、質素・・・だけれど、素敵。
ちょっと暗い雰囲気や石造りの建物、ホグワーツと言われれば、そんな気がしちゃう。
e0107495_12495377.jpg
この建物は、ゴシック様式とバロック様式が混在して、とても珍しい作りのようです。
e0107495_12495913.jpg
上の写真の手前と奥を分けた写真2枚・・・右と左では建築様式が違うそうです。
どっちがどっちだか忘れちゃったけど・・・(^^;)

食堂として使われていた部屋とか、中庭を囲む廊下とか・・・ハリーポッターに出て来そうな雰囲気です~。
e0107495_1250265.jpg
修道院の塔のてっぺんに、大天使ミカエルの像があります。
e0107495_125049.jpg
この大天使ミカエルが、この島に修道院を作るようにとのお告げをしたそうです。
遠くて肉眼では良く見えません。
私も望遠レンズを忘れたので、ここまでしか拡大出来ませんが、こんな象なんですね~。
e0107495_125075.jpg
修道院見学の後は自由行動で、最終的に対岸のレストランで集合になります。
修道院の周りの風景もとても素敵で沢山写真を撮りました。
この時期のフランスは、緑がイッパイで、リラの花も満開!
本当に良い雰囲気です。
e0107495_12501080.jpg
ノンビリとお土産を見ながら坂を下りました。
ここでもロザリオ発見!しかも欲しかった水色~!!
でも、メダイ部分がモンサンミッシェルの形なのは嫌で、普通のデザインのものもあったけれど、だったらここで買う必要ないかな~?と思って買いませんでした。
今思えば、MIOに・・・と言う名目で買ってあげれば良かったな。
日本で言うところの、お守りだものね。

私が何故そんなにロザリオが欲しいのかと言うと、幼少の頃大好きだった 『キャンディー・キャンディー』 に出て来たんだと思います。
それで、キャンディーのロザリオなんかも発売されていたような?
それを持っていたかどうかは記憶にないのですが、ロザリオと言えばキャンディーです。(笑)
あの漫画を見て看護師になろうと決めて、結局なりましたからね~。
かなり私にとって影響力が強かった漫画ですね。
それから、私とRIKUは、同じ幼稚園に通ったんですけど、このカトリックの幼稚園では、進級の記念にメダイをくれたりしたのです。
当時は 『メダイって何?メダルじゃなくて?ペンダントトップとは違うの?』 と色々疑問だったのですが、後になり、ロザリオの鎖を中央でまとめる部分をメダイと言うのだと知りました。
ペンダントトップにある十字架だけでなく、このメダイ部分って言うのも大事なんだな・・・と分かり、デザイン的にも普通のペンダントより好きなので、数珠と同じようにロザリオも欲しいなぁと思っていたのでした。
(クリスチャンではないんですけど、幼稚園でお世話になったシスターの影響で、マリア様は身近に感じるんですよね。)

さて、話はそれましたが、集合時間直前に、スーパーでお土産を物色。
何か訳の分からない缶詰やら、クッキーやらを一気に買いました。

バスの帰り道は、ポンレヴェック村と言うところに寄りました。
ノルマンディー地方のチーズが有名な村だそうで、こちらで1時間くらい散策。
e0107495_12501313.jpg
可愛いお家が沢山あります。
レンガ造りのお家ばかり撮っていますね。(笑)
本当はノルマンディー地方には独特の建築様式があるんです。
e0107495_12501526.jpg
この写真の真ん中の水色のお家なんかは、この地方の作りみたいです。

緑も多くて、のどかで小さな村なんだけれど、交通量が半端ない!
小さな交差点を渡るのも大変でした。

ガイドさんお勧めのチーズ屋さんに寄ってみたけれど、ガイドさんお勧めのチーズは売り切れだったので残念。
e0107495_1250183.jpg
パリに戻ってから、ダンナは最後の夜なので、レストランでフランスっぽい料理を食べたかったようなのですが、バスの旅でみんな食欲があまりなく、出来るだけ早く休みたかったので、結局モノプリで買う事にしました。
レトルトのパスタやカレーを買って、モノプリ内にある電子レンジを借りて調理。(笑)
電子レンジはタイマーがなくて、スイッチボタンを押すと1分温める・・・と言うシンプルなものでした。
ホテルの部屋で温かいご飯が食べられて良かったです♪


つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-24 08:45 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行 8日目 (モンサンミッシェル 編)

5/3(土)、いよいよ念願のモンサンミッシェルへ。

5年前、当時ドイツに住んでいた友人が行ったと聞いて、写真を見せてもらってから・・・もう憧れの地でした。
今回の旅行は、家族会議で(笑)パリに決まったのですが、実は私はニューカレドニアに行きたかった。(^^;)
どっちでも良いと言うダンナと、パリが良い!言う子供達2人・・・多数決でパリに決まったのですが、だったら絶対にモンサンミッシェルに行って!!と、それだけは譲れませんでした。

メーデーは修道院が閉まると聞いて、5/1を避け、予定していた5/2日もストライキがあるかもしれない・・・と言う事で5/3に延期してもらいました。
前日は1日中曇りで小雨が降ったりしたけれど、この日はすっごく良いお天気で、延期して大正解!(≧▽≦)

モンサンミッシェルツアーは日本から予約していたので、旅行会社から出発時にバウチャーを頂いていたのですが、ダンナがもらってて私は見ていませんでした。
ダンナ曰く 『7時にオペラ座。』 と言うので、それに合わせて支度をし、ホテル前から自転車で(笑)オペラ座に行きました。
5分くらい前に着いたけれど、オペラ座自体大きいから、どっち側にいたら良いのか分からない・・・。
と言う事で、子供達、私、ダンナと分かれて待っていました。
7時を過ぎても・・・7時10分を過ぎても・・・何もない。
不安でイッパイで、連絡を取ろうと思って、ダンナにバウチャーは?と聞くと、持って来ていないとの事。え~~~?!!

急いで、ネットで旅行会社のホームページからモンサンミッシェルツアーの詳細を調べると、7時20分、ギャララファのオペラ座側の角に集合だって!!
慌てて、ギャラファに移動して、バスを発見。
ホント、もう出発までドタバタでした。

集合時間ギリギリにバスに乗ったので、席は選べず・・・ダンナとRIKUは右側、私とMIOは左側に座りました。
ネットで調べると、右側の方が景色が良いって言うから、右に座りたかったな~、残念。

高速に乗って、休憩を交えながら・・・4時間半。
パリの街を出ると、景色はホントにのどかで・・・田園風景はまるで北海道のようです。
そして、確かに右側の方が良い感じ。
景色も良いし、右側通行だから、左側で写真を撮ると、どうしても対向車が映りこんでしまいます。(:_;)
e0107495_12272295.jpg
牛や羊、馬も放牧されていて、癒されます。

4時間くらい経った頃でしょうか・・・右側の奥の方に2~3分だけモンサンミッシェルが姿を現しました。
最初に気づいたのは私。
『あ!あれ~!!』とダンナに教えると、一斉にみんなが写真を撮り出しました・・・が私は左側に座っているので撮れなかった・・・。(;O;)
その後は、またしばらく見えなくなって、次に見えるのは到着間際。
見えるのは、進行方向右側でした。
e0107495_12272735.jpg
バスには、ガイド&昼食付きツアーの人、ガイド&食事なしツアーの人、宿泊ツアーの人・・・と混ざっていて、バスの中から日本人のガイドさんが1人ついています。
このガイドさん、割と新人のようで・・・ちょっと頼りなかったかなぁ。(^^;)

最初はガイドなしにしようと思ったんだけれど、名物のオムレツを食べるためにレストランも混むだろうし、限られた時間の中で効率よく回るには、食事がついていた方が最初から席が確保されていて良いかな?と思ってガイド・食事付きにしました。
なので、モンサンミッシェル対岸にバスが到着すると、すぐにレストランに入る事が出来、用意された席でオムレツのついたランチコースを食べる事が出来ました。
このお店は、オムレツで一番有名なラ・メール・プラールではないのですが、この地域一帯は名物料理としてフワフワオムレツを出しているようです。
e0107495_12274066.jpg
ガイドさん曰く・・・ 『オムレツとしては・・・特別美味しい訳でもないです。何かフワフワしたもの。と思って食べて下さい。』 と。
このオムレツは、美味しくて有名と言うわけではなく、昔、沢山の巡礼者が危険な道のりをやって来たので、安くてお腹がいっぱいになるものを出してあげようと、卵を泡立ててかさ増ししたオムレツを提供していたのがルーツのようです。
そして、食べてみると、本当にガイドさんの言う通り、特別に美味しい訳でもない、フワフワなものでした。(笑)
5年前に食べた友人が、食べる必要ないよと言っていたけど、確かにね~。(笑)
でも、やっぱりそれも食べたからこその感想なので、実際に食べて、友人に共感出来て良かったです。

そして、このレストランの立地が良くて、用意された2階席(たまたま空いていた奥の窓側)から、美しいモンサンミッシェルを眺めて食事が出来ました。
私の席・・・特等席でした。(≧▽≦)
e0107495_1227426.jpg
ラピュタのモデルになったと聞いたけれど、本当にラピュタのようです。
修道院の中はホグワーツのモデルになったと聞いた事があったので、どうしても入りたかったのですが、ストライキがあるかどうかは行ってみないと分からないとの事。
最初に行くはずだった前日の5/2は、結局ストライキがあり修道院には入れなかったそうなので、この日に変更して良かったのは良かったのですが・・・。

食事の後は、この対岸から橋を渡るシャトルバスに乗ります。
バスに乗るのは5分くらいだけれど、歩くと20分くらい掛かるようです。
バスを降りたら、いよいよ島の中に入ります。
でも、島に入ったら逆にこの綺麗なモンサンミッシェルが見られないので、この辺りが撮影スポット。
e0107495_12274537.jpg
島に入ると、お土産さんが並んだ狭い坂を上って行きます。

お土産屋さんの最初に、オムレツで有名なラ・メール・プラールがありますよ~。
フワフワオムレツ作りが大きな窓から見られるようになってます。
e0107495_12274862.jpg
すごく混んでいて、まるでお正月の江の島です。(笑)
神社までの道にお土産屋が並ぶって言うのも同じですね~。
e0107495_12275161.jpg
修道院の直前になると坂が階段に代わります。
ところどころ、緑がある部分は、本当にラピュタのようです。
e0107495_12275453.jpg
建物も景色も、すごく素敵。
カメラマンの人なんて、こんなとこに来たら1日いても飽きないだろうな~。
e0107495_12275721.jpg
上の方から海を見るとこんな感じ。
S字の道路が現在使われている道路なのですが、土手のようにして海の中に道を作ってしまったため、潮の流れで徐々に周りにも土が集まってしまって、以前のように海にぽっかり浮かぶモンサンミッシェルの姿がなくなってしまったそうです。
その隣に直線の道路が寄り添っていますが、これが新しく作られている道路です。
新しい道路は橋になっているので、土が溜まらず、またモンサンミッシェルが海に浮かんで見えるようになるそうです。


つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-23 12:31 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行7日目 (サンマルタン運河~オペラ座~マドレーヌ広場 編)

ランチの後は、サンマルタン運河に向かってサイクリング。
バスチーユ広場からサンマルタン運河への道は、ずっと自転車専用道路があって、とっても走りやすいです。
サンマルタン運河に到着し、さてこれからどうしようか?と思っていたら、何と!!ちょうど運河を船が通るところに遭遇!
すっごい!!
e0107495_1455747.jpg
橋が踏切で閉鎖された後、ゆっくり回って開きます。
e0107495_14551536.jpg
船が中に入ると橋と水門が閉まり、放水されて船がどんどん上昇していきます。
そんな様子を実際に見る事が出来てラッキーでした。

そのまま自転車で移動したいと言うMIOの希望で、オペラ座までサイクリング。
e0107495_14551897.jpg
ホント、もうパリの街を走りまくりで、お尻が痛いです。
16時15分、オペラ座到着!
写真はオペラ座北口と南側階段・・・どっちが正面なんでしょう?
e0107495_14552110.jpg
16時半が閉館なので、ギリギリ見学する事が出来ました。

オペラ座は豪華絢爛!!舞台に立たなくても、階段に立つだけで主役になった気分!!(笑)
素晴らしいな~。
e0107495_14552560.jpg
芸術を表現する場所はやっぱり芸術的。
こんな舞台に立てる人は、本当に幸せな人だな・・・と心から思います。
芸術の頂点って感じがしました。
e0107495_14552745.jpg

残念ながら、閉館の時間になるとベルを持ったお姉さんが見学者を追い立てながら(笑)出口に誘導します。
出口付近に衣装の博物館があったのですが、時間切れでそちらには入れず・・・残念~!!
e0107495_14553050.jpg
お土産屋さんの窓はこんな感じで・・・ホント、バレエ少女の憧れの地ですよね。

そこから、また自転車に乗り、今度はマドレーヌ広場へ移動。
e0107495_14553380.jpg
広場の周りには高級店が並んでいて、バカラとかキャビアのお店とか・・・ちょこちょこ入り、フォションでお土産を見て、自分達用にチョコを買ってみました。
沢山のチョコの中から、フランス語を適当に解釈して欲しいものを選んでみました。
どれも美味しかったです~。
e0107495_14553795.jpg
自転車でホテル前まで戻り、モンマルトルへ向かう坂の途中にある中華のお惣菜屋さんに入りました。
もうご飯が食べたくてたまらない私は、チャーハン!!
後、2種類くらいおかずを買ってからカルフールへ。
子供達、カップラーメンが食べたいって事で、買ったのが・・・カップヌードルのすき焼き味と浜焼き味。
何で普通の味を売らないんだろう???と疑問。

この辺りは商店街って感じで、魚屋さんや八百屋さんもそろってます。
e0107495_14554674.jpg
魚がカゴに入ってる!!お洒落!
果物も、ベリー系が豊富で見た目も綺麗ですよね。
ケーキを作る時はどこでもドアで買いに来たいなぁ。

ホテルに戻って夕食にしたら、カップヌードルのスープは不味くはないけど、すごく美味しくもなさそうな感じで・・・微妙?
中華のお惣菜はすっごく美味しかったです~。
大事なとこなのに、写真撮り忘れです・・・。(涙)


つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-21 08:45 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行7日目 (ノートルダム大聖堂~バスチーユ広場 編)

5/2(金)・・・日本から、モンサンミッシェルの日帰りツアーを予約していたこの日。
朝5時になってもツアー会社から、日時変更についての連絡なし。
なので、集合場所には行かない事にしました。
(結局、夕方にツアー会社から連絡があり、モンサンミッシェルは5/3で手配したとの事でした。
5/1はイギリスもフランスも祝日で休業だったため連絡が遅くなったと・・・。
だったら、5/1の正午までに連絡をくれたら調整しますよ、と言う指示を出すのはおかしいでしょ!と、気持ちはモヤモヤですが、何とかなって良かったです。)

8時半過ぎにホテル前から自転車をレンタルして、シテ島までサイクリング。

途中でルーブルを横切ったりして・・・
e0107495_12173629.jpg
仕切り直して、ノートルダム大聖堂へ!!
e0107495_12174377.jpg
前日ほど混んでいなくて、すんなりと中に入る事が出来ました。
中はすっごく素敵で、大昔から時間が止まってるようなところ。
神聖な場所と言うのが良く分かります。

ナポレオンの戴冠式が行われた場所です。

バラ窓もとっても美しい!!
外から見たら何てことない・・・って事もないけれど、綺麗なレース模様の石造りの窓なのに、中から見るとそれはそれは華やかで美しい窓なのです。
e0107495_12174653.jpg
ここは、今回の旅行の中で、私が一番好きだと思った建物でした。
e0107495_12175061.jpg
ヴェルサイユ宮殿の様に豪華過ぎず、モンサンミッシェルの様に質素過ぎず・・・
何でしょ・・・すごく惹かれた場所でした。

出口付近にお土産屋さんがあり、ここでは自分のためのお土産を買いたいな~と思っていたらロザリオ発見!!
ロザリオは前から欲しかったので、買っちゃいました。
水色があれば水色が欲しかったけれど、売ってなくて、白かグレーで迷いに迷う。
でも、私の部屋の壁に飾る事になるだろうから、白よりグレーの方が目立つかな・・・とグレーにしました♪
e0107495_12175356.jpg
ノートルダム大聖堂は、正面の入り口から無料で内部の見学が出来ます。
私達はそこから入ったのですが、正面向かって左側に、壁に沿って長い行列が出来ていて、これは何かな?と思ったら、そちらは塔に入る行列でした。
塔に登りたい気持ちはあったのですが、どうも30分で20人(だったような・・・)と言う制限があって、3時間くらい並ばないと入れない感じだったので、辞めました。

その後は、市庁舎横の東急ハ〇ズ的なお店へ・・・。
e0107495_12175684.jpg
5Fでトイレを借りて、2Fの文房具売り場へ。
MIOと2人で長い事、工作グッズをみました。
MIOは、張りぼての猫を買って、それに貼りつけるラッピングペーパーを買いましたよ~。
e0107495_12175973.jpg
こんなの日本にあれば良いのに。
RIKUは3Fで、お土産にチョコを買ったようです。

さて、そのまま地下に行き、念願のホームセンター見学!!
パリのホームセンターは、日本にはないお洒落な金物が沢山あって、もうテンション上がるっ!!!
e0107495_1218242.jpg
ウレタンモールの飾りも沢山あったけれど、買って帰るのは難しいわ~。
ペイントも、アンティーク風にしたりするんですね。
何もかも、お洒落に見えます。
e0107495_1218563.jpg
あんまり広くないので、15分くらいパ~っと見て、写真を撮って、結構満足でした。

またもや自転車に乗り、シテ島付近からバスチーユ広場へ。
e0107495_1218898.jpg
奥の建物は、オペラ・バスチーユ。
こちらは建物も近代的ですが、舞台も現代ものが多いようです。

ここでお昼にしようと思い、良い感じのレストランに入って、メニューを見たら・・・ 『このメニュー、見た事あるよね・・・』 って気づいた・・・オペラ座近くで入った事のあるムール貝のお店LIONでした。
でも、ランチメコースがあるので、今回はチキンやステーキ、ハムステーキ・・・と前回と違うコースを3種類頼んだら、どれも美味しくて大満足でした。
e0107495_1218108.jpg

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-20 12:25 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行6日目 (モンマルトル 編)

5/1(木) この日はメーデー。

フランスでは、日本で言うところのお正月とかと同じような特別な休日のようなのです。
行く前に調べたところ、飲食店もお休みのところが多いとの事。
観光地でもストがあったり、パリの町でもデモがあったりするようで、あれこれ用事を入れても思うようにいかないかも・・・と言う感じだったので、メーデーでも開いているエッフェル塔やノートルダム寺院に行ったり、公園でのんびりしようかと思っていました。

ところが、この前の日・・・夜にホテルに帰ると、部屋にメモが入っていました。
5/2にモンサンミッシェルへ行くツアーを申し込んでいたのですが、メーデーの5/1だけでなく、5/2にもストライキの予告があったため、修道院に入れないかもしれない。と言うお知らせが書いてありました。
5/3に日程の変更を希望する場合は、5/1の正午までに電話をするように・・・と電話番号が書いてあったのですが、それが国際電話。
どう言う事だろうと思って、日本の支店にメールで連絡を入れておいたところ、朝になってホテルに電話を頂きました。
現地連絡先として書いてあった国際電話はイギリス支店で、5/1はメーデーで支店がお休みなので連絡がつかないとの事。
5/3への変更の件はイギリス支店と連絡がつかないので、まだ分からない・・・と。

緊急連絡先と言いながら、連絡がつかないって・・・意味ない~。
もう 『明日』 の事なのに、どうなるの??と不安で仕方なかったです・・・。
とにかく、5/2の5時までに結果をメールする事、連絡がなかったら5/2は集合場所に行かないと言う旨を日本支店にメールしておきました。

そんな訳で、本当なら5/3に行こうと思っていたモンマルトルに、この日に行っておこうと言う事になりました。

ホテル前のヴェリブ置き場も、休日だからかほぼ満車。
自転車でモンマルトルを目指す事になりましたが、その道はずっと上り坂。
すぐにバテて、私は1人自転車を押して歩く事に。
道行く人も笑って見てました。(^^;

メーデーは、男性から女性にすずらんの花を贈る日と言う事で、街角にはすずらんの売り子さんがイッパイ!
その売り子さんに道を聞いたりして、たどり着いたブランシュ広場。
プチトランに乗ろうと思っていたんだけれど、遠足の小学生が並んでた~!
なので、次の便には乗れず・・・その次の便を待つ事に。

目の前にある、ムーランルージュを覗きに行ったり、スタバでトイレを借りたり。
e0107495_14505340.jpg
1時間くらい待つと思ったら、結構早く乗れました。
e0107495_14505698.jpg
プチトランでサクレクール寺院の横まで行って、サクレクールを見学しようと思っていたんだけれど、まあこれがまたすごい混雑!!!
中に入りたかったけど、入り口辺りからもパリの街を見下ろせるし、ここで充分か~?と早々に諦めました。(^^;
e0107495_14505836.jpg
寺院の横に、こんな屋台が♪
すっごく良い匂いがしたので、思わず買ってみました。
e0107495_1451049.jpg
ピーナッツの周りにカラメルがまぶしてあるのかな~。
美味しかった~!

周りのお土産屋さんを見て回っていると、雨が・・・。
結構本降りになって来ました。
お正月の神社のような混み具合で、傘を差さなくても誰かの傘に入れるような感じ。(笑)
歩いていると、似顔絵描きの人の呼び込みがすごい!
あんなに大勢、似顔絵を描く人がいるんですね~。
e0107495_1451256.jpg
テルトル広場に行くと真ん中はカフェですが、周りは似顔絵描きの人達と、沢山の画家が絵を売っていました。
あれだけ沢山あると、自分の好きなテイストの絵も結構あって、観ていて楽しかったです。
似顔絵も、すっごく上手で、世の中には才能のある人が沢山いるんだな~とつくづく思いました。

MIOも描いてもらいたがっていたけれど、結構高いし、雨だし、時間もそこそこ掛かるので、似顔絵を描いてもらっている人を見ながら、そっくり~!!上手~!と騒ぎながら歩きました。(笑)
雨もだんだん強くなって来たので、広場の横にあるクレープ屋さんに入って、ガレットとピザでランチにしました。
e0107495_1451634.jpg
ランチの後は、もう一度テルトル広場の絵を観てから、ダリ美術館へ。
ダリは子供の頃から好きだったので、楽しみにしていました。
e0107495_1451974.jpg
中に入ると、時計が溶けて木に引っ掛かっている像が・・・。
私が好きなのは、こんな感じの時計が溶けてるのとか、象の足が細長い絵とか、そんなのなんですけど、美術館の中にはそんな画風にたどり着くまでの、割と普通の絵とか上手な絵も沢山ありました。
一番見たかった時計の絵はここにはなく・・・。どこか出張に行っているのかな~?
とっても残念でした。
e0107495_14511696.jpg
RIKUは高校に入学する前に出された宿題の中で、尊敬する歴史上の人物にダリと書いたそうです。(笑)初めて知ったわ~。

その後は、モンマルトルの有名どころを散策。
e0107495_14511897.jpg
ブドウ園の横を通り、壁抜け男、そしてジュテームの壁へ。
e0107495_14512130.jpg
途中に、ラデの風車もありました。
もう、この辺りは土砂降りで、みんなテンションだだ下がり・・・↓↓↓

本当は、エリック・サティの家も見たかったけど、そんな事も言ってられず・・・
帰る帰る!とぐずり出すMIOをなだめながら、 『レ・ドゥ・ムーラン』 へ到着。
ここは、映画の 『アメリ』 に出て来るカフェです。(残念ながら、私見てない・・・)
大勢の人で賑わってましたよ~。
e0107495_14512437.jpg
アメリで有名なのが、クリームブリュレなのかな?ガイドブックに載っていたクリームブリュレを食べる事に。
他にも洋ナシを丸ごとワインで煮てチョコをかけたようなやつとか(好きじゃなかった)リンゴの何とか・・・を頼みました。

このお店は、席に着いたら、1人につき1品と1ドリンクを注文するのが必須だそうです。
そんな訳で、4人で38ユーロ(¥5400)。
家族で外でお茶とかしないから高く感じるけど・・・ケーキも食べてるから、こんなもんなのかな~。
e0107495_14513367.jpg
カフェを出る頃には雨も上がりました。
ブランシュ広場からメトロに乗って、シテ島へ。

この日はノートルダム寺院に入ってみる事にしました。
ダンナが並び始め、RIKUは木陰でゲームをしながら待っていて、MIOはトイレ・・・と言う事で私は一緒にトイレを探す・・・。
公衆トイレを見つけたものの、MIOがそこは嫌だと言い、ノートルダム寺院入り口近くの地下にあるトイレに行くと、長蛇の列!
MIOは気分が悪いのもあって壁にもたれてグッタリしていたんだけれど、動くのがちょっと遅れると後ろの韓国人マダムの集団が押し寄せて来て抜かそうとする!!(>_<)
もしかしたら1時間近く並んだかも・・・

トイレから出たら、RIKUが私達を探していて、ダンナもとっくにノートルダムに入る順番は来ていたんだけれど、あまりにも戻るのが遅かった私達にしびれを切らして、行列から離脱していました。
ノートルダムはとっても行きたかったので、がっくり。
テンションだだ下がりのままガーデニング雑貨の市場(日曜日には小鳥市場になるところ)を歩いて、メトロに乗ってホテル近くまで戻り、近くのカルフールで食材を買って18時にはホテルに帰りました。

ようやくゆっくりする時間が出来たので、色々ネットで調べてみると、どうやら前に行った東急ハ〇ズ的なお店の地下はホームセンターになっていたらしいのです。
さらに、ポンピドゥーセンターの隣辺りにも、ビフォーアフターのパリ編で映っていたホームセンターがあったみたい!!
何回も近くまで行ってたのに~!!と後悔。

みんなで買って来たパンやハム、パテなんかで夕食にして、夜はのんびり過ごしました。

メーデーでお休みだったお店もありましたが、スーパーもレストランもお土産やさんも開いていたし、特に困る事はありませんでした。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-17 14:56 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行5日目 (オルセー美術館とサイクリング 編)

4/30(水) 連日の疲れがたまり、MIOがしんどくなってしまいました。
普段沢山寝る子なのですが、同じ部屋で寝ていても、私は寒くてMIOは暑い。
そんな事もあって、熟睡も出来ていなかったのかもしれません。
なかなか起きれないMIOに 『ヴェリブ乗ろうか?』 と言うと、 『乗る~!!』 と。
何とか起きてくれました。(笑)

ヴェリブ・・・とはレンタサイクルの事です。
チケット代+自転車使用代で借りる事が出来るのですが、チケット代は1日券(1.7ユーロ)、7日券(8ユーロ)、1年(29ユーロ)と期間が決まっており、自転車使用料は1回の使用が30分以内なら無料です。
・・・と言う事は、30分毎にヴェリブの乗り換えをすると、自転車使用料を掛けずに乗る事が出来る・・・と言う事。
そして、それが可能なほど、街のあちこちにヴェリブ置き場があるのです!!

実は、私達が泊まったホテルの真ん前もヴェリブ置き場だったので、ホテル前から乗ろうと外に出たら・・・自転車がな~~い!!(>_<)
そう言う事もあるんですよね。
みんな通勤に使っているのかな~?
ちなみに、ちょっと出遅れると、人気の観光地のヴェリブ置き場が満車になって、停められなかったりもします。
そんな時は、他のヴェリブ置き場を探してさまよう事に・・・。
借りる自転車がないと言う事よりも、満車で返せないと言う事の方が多くて、これは結構困りました。

さて・・・仕方ないので、文句ブーブーのMIOをなだめて、メトロでオルセー美術館へ。
e0107495_15523455.jpg
写真はホテル最寄りのメトロ駅ノートルダム・ド・ローレット。
バレエのポスターが貼ってありますよ。素敵♪

オルセー美術館は昔国鉄の駅だったとの事。
広々した真ん中のホールには彫刻が、両脇の各部屋に絵が飾られています。
e0107495_15523761.jpg
残念ながら作品の撮影は禁止なので、チラリと雰囲気だけ。

オルセー美術館には、私の好きなミレーの「落穂ひろい」があります。
子供の頃に本で見て、優しいタッチに惹かれていました。
本物を観られる日が来るなんてね~。

正直、ルーブルは超有名作品が観られて良かったけれど、私はオルセーも好きです。
今回観た中では、こちらの方が好きな作品が多いかも。

オルセーと言えば、ゴッホやゴーギャンが有名だと思いますが、私は両方ともそんな好きではないです。
鮮やかな作品よりも、写真のようななめらかで美しい風景画が好きなんです。

なので、モネやピサロ、他にも名前は知らないんだけれど惹かれる絵が沢山ありました。
ルノワールの人物画は好きではないんだけれど、風景画は結構好きだなって思ったり。
広いけれど、広過ぎるほどでもなく、じっくり絵を観られて本当に楽しかったです。

お昼頃にオルセーを出て、自転車で移動しようと言う事で、美術館横にあるヴェリブ置き場へ。

まずチケット代を購入する手続きをします。
すっごく分かりづらいんですけど、機械を英語表示に切り替える事が出来ます。
利用登録を押し、期間を選びます。
ヴェリブ用の暗証番号4ケタを決めて、ICチップ付きのクレジットカードで決済・・・と言う流れなのですが、初回なので、まあ分かりづらいったらない。
あれこれ奮闘しているうちに機械がフリーズしてしまい・・・借りる事が出来ませんでした。が~ん。
しばらく粘ったけれど、使えそうになかったので、諦める事に・・・(;O;)

ダンナが、 『アンジェリーナ』 でお茶したいと言うので、ルーブル美術館とオランジュリー美術館の間にあるチュイルリー公園を横切ってリヴォリ通りのアンジェリーナへ。
どうも有名なモンブランが食べたかったようです。(笑)
それぞれ、好きなケーキを選んで、ジュースを2本(こんな高級カフェでもジュースは瓶で出て来るんですね。ビックリ。)・・・しめて・・・49ユーロ!!!( ゚Д゚)
え・・・え~っと・・・¥7000の休憩時間でございました。ひ~~~~!!
e0107495_15523959.jpg
さて、この近くにもヴェリブ置き場があり、お茶の後は再チャレンジ。
ようやくチケットを4枚購入し、自転車を借りる事が出来ました!
みんなでエッフェル塔を目指してGO!

パリは車の運転が結構荒くて、交通量も多いのですが、自転車は車道を走ります。
そして、自転車用の標識もあり、自転車専用レーンを走らないと罰金の対象になるのだとか。
一方通行の道路もすごく多くて、日本と同じ進入禁止の標識は自転車に対しても当てはまるので、地図を見て予定していた道が走れず遠回りをして、どこを走っているのか分からなくなったりします。(涙)
パリっ子達は、スイスイとバイクのように道の真ん中を走ったりするのですが、怖くて怖くて、車道の端っこを走りました。

どうにかこうにか、エッフェル塔最寄りのヴェリブ置き場に到着。
e0107495_15524245.jpg
自転車を返却した後、近くのパン屋さんで、バケットサンドやピザ、キッシュを買って、エッフェル塔下のシャン・ド・マルス公園でランチにしました。
e0107495_15524411.jpg
ランチの後はエッフェル塔に登ろうかと思ったけれど、大行列!!!
登ってみたいけれど、ここからだとエッフェル塔のある景色は見られないし、どうなの?と思い・・・そこまで執着もなかったので登らない事にしました。

真下から見上げるエッフェル塔は、何だか女の子のスカートの中を覗くみたいで申し訳ない気持ちに・・・。(笑)
e0107495_15525028.jpg
そのままセーヌ川に出て、 『バトー・パリジャン』 の観光船に乗りました。
船のチケットは、日本でミュージアムパスを購入した時に一緒に買うと安くなると言う事だったので、購入してありました。

エッフェル塔からサン・ルイ島の先まで行って、折り返して戻って来ます。
船から見る建物も素敵ですが、セーヌ川に浮かぶ、船のレストランや住宅も面白かったです。
e0107495_15525486.jpg
セーヌ川を挟んだルーブル美術館のお向かいに、国立の美術学校を発見!!
すごいな~。
毎日、ルーブルを眺めながら勉強出来るんだ・・・。
18歳までは美術館が無料なので、パリの子供達は芸術に触れる機会も多いし、学ぶ環境も整っていて素晴らしいな~!と本当に思いました。

船の折り返し地点、サン・ルイ島の先辺りを見ると、近代的なビルが建っていて、普通の都会です。
急に現実に引き戻された感じがしました。

エッフェル塔まで戻り、またヴェリブを借りて・・・ガイドブックにはマレ地区のサンマルタン運河辺りがサイクリングに良い道だと書いてあったので、そちら方面を目指す事にしました。
とは言っても、エッフェル塔からサンマルタン運河って・・・もう、パリ横断です。(^^;)
地図を見て方角も分かるんだけれど、何せ一方通行が多くて通れる道を選んで走っていたら、一体今どこにいるのかが分からなくなってしまいました・・・。
そろそろ北に入らなきゃいけないのかな?と思ったら、まだルーブル付近だったり。

結局、ゴールまでかなり遠そうだったので、またもやポンピドゥーセンター付近でヴェリブを返却し、雑貨屋さんを見て歩いたり、フランス銀行付近のパッサージュを見に行ったり(既に閉まっていたけれど)して、またMIOの希望でヴェリブを借りてオペラ座付近まで戻りました。
MIOは沢山自転車に乗れてとっても楽しかったようです。
借りたり返したりの繰り返しで、すっかり機械の操作も手馴れて来た子供達。
RIKUはクロックスが大好きで、中学校にも間違えてクロックスで行った事が数回あるけれど、恥ずかしながらパリでもほとんどクロックスでした。(笑)
e0107495_15525862.jpg
私は脚がガクガクで、自転車の方が余計に疲れました~。(-_-;)
地図係は私なので、道を調べながら走るのも結構しんどかったんですよね。

夜は何を食べる??って事で、ダンナはフランスっぽいものが良いと言っていたんだけれど、私はパンはもう嫌で、温かい物をバクバク食べたいと言う欲求があり、ちょうど子供達もそんな雰囲気だったので、とうとう気になっていたラーメン屋 『ひぐま』 に入る事になりました。(笑)
外人さん達で大繁盛のラーメン屋。日本人の女性スタッフもいました。
e0107495_1553040.jpg
ラーメンと餃子を頼んでみたところ、餃子もラーメンも美味しいんだけれど、何か・・・ 『???』 と言う感じ。
やっぱり日本で食べる方が美味しいです。
何が違うのかな~。
e0107495_1553320.jpg
スープは美味しいけど、麺が何か違う・・・って事でダンナがお会計の時に聞いてみると、フランスでは 『かん水』 が手に入らないので、出来るだけ日本の麺に似せるように工夫して作っているのだとか。
へぇぇ~。
この時代、材料がないなら取り寄せれば・・・と思うけど、コストの問題とかがあるのかなぁ。

お腹もあったまって、大満足。
ラーメンを食べたのに、外に出ると、やっぱりパリ。
e0107495_155366.jpg
のれんの周りを見ると、建物が綺麗すぎて違和感が~!!(笑)

そして、またまた徒歩でホテルに帰りました。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-15 16:00 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行4日目 (ヴェルサイユ宮殿 編)

4/29(火) 日本で適当に決めた予定では、この日も美術館で、翌日がヴェルサイユ宮殿のつもりでしたが、ちょっと気分を変えようと言う事で、この日はヴェルサイユへ向かう事にしました。

郊外なので、最初はオプショナルツアーで行こうかと思っていたのですが、そうなると交通費&入館料込みで半日ツアー。
ミュージアムパスが使える場所だから、入館料込みだと損しちゃうし、半日って言うのも忙しいんじゃないかなぁ?と思っていたので、個人で行く事にしました。

オペラ座付近からヴェルサイユへ向かう方法は、3つ考えられます。

①メトロ9号線終点からバスで宮殿前まで。

②サン・ラザール駅からフランス国鉄(SNCF)で、ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅まで。(宮殿まで1.2キロメートル)

③RER(高速郊外鉄道)C5番線で、ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅まで。(宮殿まで600m)

コチラのサイトを参考にしました。

どれが簡単かと言うと、乗り換えがなく宮殿近くまで行く③が一番良いのですが、空港からパリに向かう時と同じように、とにかく治安が悪いと言われている電車なので、私はあれこれ調べて、経験者がお勧めする①にしようと思っていました。
メトロからバスへの乗り換えがあるものの、とても簡単で、安全だと言う事だったので・・・。
でも、ダンナに言うと、 『ええ~?バスに乗り換えるの~?良いんじゃない?RERで。』 と言うので、RERで行く事になりました。ドッキドキ。

9時の開店と同時にモノプリでパンや、ハム、サーモン、お寿司などお弁当を買い込んでメトロでアンヴァリッドへ。
そこからRERに乗り換えて、ヴェルサイユを目指します。
メトロから地下の連絡通路を歩いていると、RERの駅に近づくにつれて変な臭いがするし、確かにメトロより雰囲気が悪いかも・・・。

恐る恐る階段を上ってホームに着くと、目の前にはリュックを背負った大勢の小学生やら中学生が~!!!
ヤバい!!遠足に巻き込まれたっ!!!(;'∀')

でも、そのお陰で危なげな雰囲気が一瞬で消えて、すごく安心しました。
電車は結構混んでいて、最初は立っていたけれど、すぐに座れました。
2階建てだったので、出来れば2階に座りたかったけど、たまたま空いたのが1階だったからそちらに・・・。
MIOは階段に立って本を読んでいたけど、私の近くが空いたから座って、男たちはどうやら2階席の方へ行ったみたいでした。
家族バラバラ。(笑)
でも、電車で30分くらいかかるから座りたかった~!!

周りを見渡すと、日本人はいなかったけれど、みんなリュックを背負っていたので、ヴェルサイユ宮殿に行くんだろうなって言うのが分かりました。
RERは危険と言うけれど、路線にもよるのかもしれません。
C5番は、終点がヴェルサイユ宮殿近くて観光客が多いので、朝と夕方なら特に問題はなさそうだなと感じました。
(個人差もありますし、その時で状況は変わりますので、行かれる方は自己責任でお願いします。)
終点に近くなると、途中の駅でアコーディオンを持った2人組が乗り込んで来て、賑やかに演奏し始めました。
演奏は良い感じなのですが、どうやってお金を請求するのかなぁ・・・とちょっと警戒。
終わった後に小銭を集めて回り、無視していれば通り過ぎるので問題なかったです。
演奏は上手だったので、良いなと思ったらお金を払えば良いのだと思います。

ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ出来を出て、みんなと同じように右手方向に進むと、すぐに大通りに出ます。
この大通りを左手に進むと正面に金ピカに輝く建物が!!!
それにしても、人が多い!!
敷地内に入ると・・・ゲンナリ。
e0107495_16433213.jpg
すんごい行列~~~!!!

ミュージアムパスを持っていたら並ばなくて良いって言う話を聞くので、警備員の人に聞いてみると、あっちだよ!みたいに指をさされたのでそちらへ行ってみました。
そこは列が少な目なんだけど、どう見てもチケット売り場。(-_-)
もう一度確認して、長蛇の列に並ぶ事に・・・15分くらいのロスタイム!

並んでいる途中にトイレに行こうと思って、右往左往して探したものの分からず、入り口の警備員さんに聞いたら、チケット売り場の奥との事。
チケットを並ぶ列の横を 『すみませんね~。』 って感じで奥の奥まで進むと、トイレ発見。
看板もないし、分かりづらい~。

列に並ぶ事2時間!!!(;O;)
晴れて心地の良い気温だったので、まだ良かったです。

そんな思いをしてようやく入ったヴェルサイユ宮殿。

人・人・人!!!(>_<)
もうね、写真を撮ると人が映りこんでしまうので、上しか撮れない。
と、上を見ると、またこれがスゴイ!
天井だけ見て歩くツアーがあっても良いかもよ!ってな具合。(笑)
e0107495_16433512.jpg
MIOは混雑ですぐに気分が悪くなってしまいました。

一番楽しみにしていた鏡の間。
入ってしばらく気づかなかった。
鏡に人がイッパイ写っていて、鏡とは気づかなかったわ~!!
e0107495_16433843.jpg
有難みがない・・・。(:_;)

あら、元気だった?こんなところでお会いするとは・・・なんて再会も。
e0107495_16434072.jpg
ルーブルにあるものが、どうしてここにも?と不思議!
ダンナ曰く、本人の描いたコピーなんだとか。
ひぇぇ~!!マジ?こんな大きな絵を二枚描いたの?!気が遠くなりそうです。

サラッと見学した後は庭園へ・・・。

プチトランと言うバス乗り場と庭園への入り口があります。
お金を払って庭園へ・・・。
見た事のある風景!
ここでお昼ご飯。階段に座って、持って行ったご飯を食べました。
周りを見ると外人さん達、み~んなお弁当タイム♪
e0107495_16434784.jpg
う~ん。お寿司は微妙な味。
酢飯の味もイマイチだし、巻き寿司にはチーズとか入ってる・・・(>_<)

庭園は何だかすっごく広くて、見るだけでもう歩く気にはなれない・・・(^^;
そんなわけでプチトランに乗る事に。
プチトランの乗り場でふと思う。
最初からプチトランに乗っていれば、庭園の入場料がいらなかったのでは??

まあ、それでグランドトリアノンとプチトリアノンに行こうと言う事になり、まずはプチトリアノンへ。
e0107495_16435058.jpg
こじんまりとしたお屋敷。
私は、ヴェルサイユ宮殿よりこっちの方が好き♪
自分が住みたくなっちゃうような、お屋敷なんです。
生活感があって、落ち着く感じかな~。
e0107495_16435363.jpg
そして、それだけではなかった!!
裏に広大なお庭があるのですが、これがまた素敵素敵!!!

カントリー好きにはたまらないかも。
不思議の国のアリスか、はたまた赤毛のアンか・・・って感じの風景。
e0107495_16435574.jpg
小川や池、石作りの太鼓橋、風車小屋、馬や鳥・・・メルヘンの世界なのです。
小雨が降ってしまったのが残念だけれど、ここはMIOがとっても気に入ったようで、1人でずんずんと歩き回っていました。
私も、ここに家を建てたらどんなに幸せだろう!!と思ってしまいました。
e0107495_164408.jpg

2時間くらい散策したでしょうか。
もうそろそろ体力も限界だったので、グランドトリアノンの方は寄らずに帰る事になりました。
来た時と同じようにRERに乗り、アンヴァリッドでメトロに乗り換えてオペラ座方面へ。

ようやく開店中のギャラリーラファイエットに入ってみる事が出来ました。
ダンナが観たかったと言うギャララファの天井。
すごい~。素敵!
e0107495_164408.jpg
ブランドものに興味のない我々なので、取りあえずお茶出来るところを探そうと思ったんだけれど、フードコートは閉店したところ。
え~っと・・・19時半過ぎですが??
でも、20時にギャララファ自体が閉まるので当然か・・・。
地下のお土産屋さんを見て、お店を出ました。

ギャララファを出て、いつものようにモノプリを通ってホテルに帰る道を歩くと、モノプリの手前に 『LION』 と言うムール貝専門店があります。
ここも来る前に教えてもらっていたお店だったので、この日はそこに入ってみる事にしました。

シーフードフライの盛り合わせと、ムール貝のコースとステーキのコース。
e0107495_1644230.jpg
フライはどれも美味しかった!ムール貝とイカと小魚でした。
ムール貝は、オリーブやトマトの入ったスープの中に入っているのですが、最初はオリーブの癖が強くて 『うわぁ~!』 って思ったんだけれど、食べているうちに慣れて来て、美味しく頂きました!
案外子供達も大丈夫でバクバク食べてました。
貝が好きなダンナは、生ガキを食べたいとか言っていたのですが、こんなところで食中毒になっても困るので、ムール貝で落ち着いて良かったです。

食後は歩いてホテルに帰りました♪

写真が沢山あるので、そのうち写真集を作って載せたいと思います。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-13 16:50 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行3日目 (オランジュリー美術館・凱旋門 編)

4/28(月) 朝から曇りで、また雨が降りそうな感じ。
9時半頃ホテルを出発し、オランジュリー美術館へ行きました。
e0107495_18152513.jpg
オランジュリーは、ルーブルと違って、とっても小さくて、人も少ないので、ノンビリ見るのにはちょうど良いところです。

入ると、地下に行く階段と正面に通路があり、正面の部屋は撮影禁止、地下は通路の部分だけフラッシュなしでの撮影が許可されています。
地下と言ってもとても明るい印象で、廊下に飾られた絵を模写している人もいました。
オランジュリー美術館には、ピカソやユトリロ、モネ、ルノワールなど、有名な画家の作品がありました。

中でも、やはり圧倒的に存在感があるのは、受付正面の部屋に飾られている、モネの 『睡蓮』 です。
ここは撮影禁止なので写真はありませんが、その大きさにビックリします。
丸い部屋をぐるりと一周する4枚の横長の絵。
それが2部屋あります。
真ん中に椅子があって、みんなそれぞれお気に入りの睡蓮の前に座ってくつろいでいました。

正直なところ、美術館から出て思い出してみると、このモネの睡蓮しか記憶にないです・・・。(^^;

オランジュリー美術館からコンコルド広場に出て、シャンゼリゼ通りに向かって歩く事にしましたが、途中で雨が降り出しました。
その後は降ったりやんだり・・・。
しばらくは木に囲まれた静かな通りですが、そこを抜けると両側にブランドショップが立ち並ぶ都会的な街並みに変わります。

お昼頃でしたが、ちょっと休憩しようと言う事で、ハーゲンダッツへ入り、3つのアイスが入ったカップ(7ユーロ)を1つ買いました。
あっと言う間に食べちゃったから、写真がないですね~。
私は書いてあるフランス語を適当に解釈して頼んでみたら、大正解!!の塩キャラメルでした♪
すっごく美味しかった!!
テイスティングもさせてもらったら、マンゴーがすっごく美味しかったとの事で、マンゴーも。
濃厚でマンゴーそのもののような味でした。

その先に、マカロンの有名なお店 『ラデュレ』 があります。
マカロン4個を無料でもらえるチケットを旅行会社からもらっていたので、寄ってみました。
e0107495_18152784.jpg
外観も可愛いけど、中は夢の世界!!!
女の子の夢が詰まったような、スィーツの宝石箱です~~。
e0107495_18153043.jpg
フランスのお菓子って、本当に色が綺麗で、デザインも素敵。
芸術的ですよね。
とっても可愛いマカロン達!ケーキ類も素敵!
フランスで料理の修行をしたくなる気持ち、良く分かります。

近くには、こんなビルも!!
e0107495_1815322.jpg
シャンゼリゼ通りに自社ビル・・・こりゃ絶対に本店だよね~。
冷やかしで入ってみると、セレブなマダム方でにぎわっていました。(笑)

さて、随分凱旋門にも近くなって来たので、こうなったら登ってみっか!!と言う事で、心の準備もないままに登る事になりました。
e0107495_18153512.jpg
凱旋門は交差点のど真ん中にある島のようなところにあって地上からは渡れません。
地下道をくぐると凱旋門に出る上り階段があるのですが、階段を上る手前にチケット売り場があります。
私達はミュージアムパスがあるので、そこを素通りして凱旋門の入り口まで行ったのですが・・・何と・・・無料の子供達用にフリーのチケットがいるそうな・・・。とほほ。
仕方なく地下道まで戻り、子供用のチケットをもらいました。

凱旋門内は螺旋階段をぐ~るぐ~るぐ~るぐ~る・・・と延々と登って行きますが、もう一体どこまで登れば良いのやら・・・。
手すりに体重を掛けながらえっちらおっちらと登り、太ももの前の筋肉がピクピクして来たころ、ようやく出口にたどり着きました。
ココはまだ屋内で、お土産屋さんやトイレがあります。
そこからちょっとだけ階段を上がると凱旋門の頂上!

残念ながら、西側は工事中で見れませんでしたが、パリの街並みは凱旋門から東側に広がっているので、充分堪能出来ました。

さっきまで歩いていたシャンゼリゼ通りやエッフェル塔のある風景・・・遠くにはモンマルトルのサクレクール寺院も見えました。
あ~、素敵♪
e0107495_18153829.jpg
綺麗な景色を見ながら、ラデュレのマカロンをパクリ。うう~!うまい!!その辺のマカロンよりずっとうまい!
一粒で1.7ユーロくらいするものね。大事に大事に食べないと。(笑)

凱旋門内のお土産屋さんは、センスもとっても良くて、買い物はしなかったけれど楽しめました。
ウチのトイレに貼ってあるポスターも売ってた~。(笑)
パリで入ったお土産屋さんの中では、一番良かった気がします。

凱旋門を降りた後はマックでランチ。
シャンゼリゼ通りのマックはどうなのっ?!と思って入ってみると、普通のレジもあるんだけれど、横の方にチケットを購入する自販機が。
せっかくなので、それを試してみました。
あちらでは、大抵カードで支払いが出来るのですが(4ケタの暗証番号を入れるタイプ)、カードでしか支払えないと言う事もあって、ここもカードだけだった気がします。
チケットを買っている間に、情報が厨房に伝わっているのか、全ての作業を終えてカウンターを見てみると、ちゃんとウチの注文した商品が揃っていました!速かった!

それにしても、マックで1人¥1000を超えると思うと、ゲンナリしますね~。
e0107495_18154017.jpg
ランチの後は、シャンゼリゼ通りからロープン・トゥールに乗りました。
前日に2日券を買っていたので、この日1日は乗り放題です。
前回と同じようにエッフェル塔を回るコースのバスでしたが、アンヴァリッドで乗り換えをして、カルチェラタン方面を車窓観光しました。
また途中で雨が降ったりしましたが、私だけは2階席でずっと景色を楽しみました。
今回の旅行ではカルチェラタンは全く行きませんでしたが、面白い食べ物屋さんとか雑貨屋さんがあるのはあの辺りなんじゃないかと思います。
建築物も本当に綺麗でした。

シテ島付近で下車して、ノートルダム寺院まで散策。
e0107495_18154550.jpg
すごい!!!すごすぎる!!!
まだ、裏側しか見えてなくても、素晴らしい建築で大興奮です!!
e0107495_18154765.jpg
正面も素敵!
石がレースのようなのです。
どうやってこんな彫刻が出来るのだろうかと、ただ感心するばかり。
このノートルダム寺院には本当に魅了されました。

その先の、パリ市庁舎もすごく立派な建物でした。
周りには噴水があって、メリーゴーランドまで!!
MIOが乗りたがったけれど(中1=13歳)、まあまあ・・・となだめて、写真だけで我慢させました。(笑)
e0107495_18155057.jpg
市庁舎横に日本でいうところの東急ハ〇ズ的なお店があり、トイレを借りるために入ってみました。
東急ハ〇ズ的って言うのは全然知らずに入って、洋服も普通に売ってるんですけれど、文房具とか工作グッズなんかがすっごく豊富で楽しくて!!
調理器具とかお土産とかも売ってるし、キャスキッドソンがあったり、雑貨も可愛くて、隅から隅まで見たら半日は楽しめる感じです。おすすめ!!

この後、ポンピドゥーセンターの横にある 『flunch』 で夕食にしました。
このお店も、友達の友達でフランス在住の方に教えてもらったんですけど、ここはとにかく質より量で安い店って言う風に聞いてて、もう入る時から学生でごった返していて、落ち着いて食事が出来る雰囲気ではありませんでした。
一皿頼むと、フライドポテトや付け合わせ類が無料だと聞いていたけれど、何だかシステムがよう分からん!
入るとセルフサービス方式でお盆があって、自分で何やら取って行くようです。
野菜とか色々あって、その先にカウンターがあり、ステーキだとかチキンだとかを注文して受け取るようになっています。
その横にレジがあって、買ったものを清算するシステムらしい。
一番安いステーキは学生がどんどん買っていくのですが、あまりに安いので、ちょっとランクを上げて一番高いのと、二番目に高いステーキを注文してみました。
・・・と言っても、1枚8ユーロくらい。
一応サラダなんかも取ってレジに並んだけれど、レジから抜け出てビックリ!!!

清算後のスペースに、パスタやらクスクス、ポテト・・・等フリーの食材が並んでた~!!
何だ~!!だから、みんなミートボールとか一番安いものだけを一皿買ってお会計してたのね。
学生の団体でレジの向こうが全然見えなかった・・・。

それにしても、イートコーナーはもうウルサイウルサイ!!若者がワーワーと騒がしくって、動物園のよう。(汗)
安いのは良いけど、もう勘弁!って感じでした。

帰りはメトロを乗り継いで・・・21時頃ホテルに帰りました。


つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-12 18:19 | 2014年フランス旅行

2014年GW フランス旅行2日目 (ルーブル美術館 編)

メトロに乗る事、数分でルーブル美術館前に到着!
長~~~い塀に囲まれたルーブル美術館の敷地内に入ると・・・
あああ~!!!本物だ!本物のピラミッド~!!
e0107495_12512332.jpg
まだ絵を観たわけでもないのにね・・・(笑)
ルーブルと言えば、ガラス張りのピラミッドの風景をTVでも良く見るので、とうとう来た~!!って感じでした。
中はすごい人!!!ピラミッドの地下のロビーは、様々な人種でごったがえしてました。

ミュージアムパスがあるのでチケットは買わなくて良いのですが、同じ窓口でオーディオガイドのチケットを買わなくちゃいけないので、ほんのちょっとですが、受付に並びました。
そのチケットを持って、隣のオーディオガイド貸出コーナーに行きます。
貸し出されるのは、DSとヘッドホンで、ルーブルのガイドソフトが入ったDSを首からぶら下げて歩きます。
その時にいる場所によって説明が変わるので便利です。
が、地図が分かりづらくなって迷子になった事も・・・。(私が・・・汗)

ipod touchで音楽を聴いていたMIOは、ガイドのヘッドホンをするのをすごく嫌がって、文句ブーブーでした。
どうやら、時差ボケがあり(私もRIKUも、最初の3日くらいは変な時間に眠気が来たりしてました。)、あまりの混雑に人酔いもして、気分が悪かったせいもあったようです。

あまりにも広いルーブルを、どう回ろうかと思ったら、DSに 『お勧めコース』 と言うのがあり、それを選択して回る事にしました。
所要時間1時間程度のコースだったと思うけど、3時間掛かりましたよ・・・。(;´Д`)

一番初めにお会いしたのは、この方。
e0107495_1251268.jpg
『ミロのビーナス』

正面しか見た事のないミロのビーナスを横からも後ろからもジックリ観察。
有名どころをピックアップしてくれているので、私が観たいと思っているものばかり!!

ああ、観たかった!!これこれ!
キリスト様が、水を葡萄酒に変えたところ。
e0107495_12512941.jpg
『カナの婚礼』  (婚宴とも言うのかな)

でかっ!!!!すごい迫力!
ルーブルで一番の大きさだそうです。(669x990cm)
大きさって本の中の絵だけでは分からないけれど、こうして実物を観ると圧倒されます。
まるで、観ている人達も、絵のパーティーから溢れ出て来たみたいで面白いですね♪
あれ??絵の前で写真を撮っている人の顔の大きさを見ると、この絵の中の人は原寸大の人間サイズ??
すごい!( ゚Д゚)
美術の教科書とか写真集とかだと、どんな絵かって事はザックリ分かるけど、こうして観てみると、この労力に感心したり、どのくらいの年月を掛かって完成させたのかとか、どんな紙にどんな顔料で描いているのか・・・等々、今まで考えもしなかった事に思いを馳せて、知りたい欲求が芽生えたりもします。

ルーブルで2番目に大きなこちら。
e0107495_12513242.jpg
『ナポレオンの戴冠式』 (629×926cm)
(大きさはどちらも検索で引っ張って来ましたが、あちこちで若干ずれがありました。)

この絵、大好き!優しいタッチの美しい絵ですが、これも本当に大きくてビックリ。
とっても素晴らしかったです。

それらに比べて・・・小さい!!!
けれど大きな存在感。
ルーブルの目玉!!
e0107495_12513442.jpg
『モナリザ』

この部屋は人が凄くて、モナリザの前は押し合いへし合いって感じです。
みんなモナリザと一緒に写真を撮りたくて、大変。(>_<)
この絵だけは、絵を触れる距離には入る事が出来ず、警備も厳重でした。
とても混雑するので、スリが多いようです。
人が苦手なMIOは、ここでかなりバテてました。



そして・・・実は私・・・ルーブルの中で一番楽しみにしていて、とっても会いたかった人がいたのです。
それなのに・・・何と、現在修復中で会えませんでした。(号泣)胸が痛い・・・。
こんな事ってある?!!
華奢なのに力強い、その翼を自分の目で観たかった・・・。

サモトラケのニケ
またいつか・・・いつか会えたら良いな。

ルーブルのサイトを見たら、最初のページにちゃんと書いてありました。
全然チェックしてなかった・・・。
リンク先は、補修作業についてのページにしています。

こんな感じで目玉作品をDSの指示に従って効率良く回ったのですが、終わった時には既に13時頃。
ルーブル内のフードコートでランチにしました。

バケットサンドやキッシュを食べましたが、どれも美味しかったです。
お昼休憩中に、他に観たい作品をピックアップして、今度は自分達で回る事に。

ハムラビ法典やラメセス2世、マルリーの馬、マグダラのマリア・・・
e0107495_12513655.jpg
いかさま師やレースを編む女も観たかったんだけれど、もう体力限界でたどり着けませんでした。
自分達で回ると、ホントに迷うし、行ったり来たりで大変でした。

そして、今これを書きながらルーブル美術館のパンフレットを広げてみて気づいた!!!
ナポレオン3世の居室!!!行かなかった~!!!(>_<)
日本にいる時は、これも観たいと思っていたのに、向こうにいる時はすっかり忘れてました。何てこと!!
やはり、またいつか行かないといけないな。
その時は、もっと勉強して行きたいと思います。

ルーブルにいる間、ず~~~~っとMIOは不機嫌で、最終的には 『観たいのに気持ち悪くて観れへん。またここに来てな。』 と。
は~??こんなに頑張って回ったのに、また来るの??
まあ、もっと空いている時に来たいけども。
水曜日は夜もやってると言う事で、またその時に来ようかと言っていたのですが、水曜日はMIOは自転車に夢中で、結局2回目はありませんでした・・・。

みんなかなり疲れていたので、その後はルーブル美術館前から2階建て観光バス 『ロープン・トゥール』 に乗る事にしました。
2日券を買って、2階に上ったら満員だったのですが、その時雨が降り出し、屋根のない2階にいた人達が1階へ移動。
雨の中だけど、ちゃっかり座る事が出来ました。
雨は一度本降りになったものの、すぐに小雨になったり、晴れたりしたので、良かったです。
ルーブルからはシャンゼリゼ通りや凱旋門、エッフェル塔を回ってオペラ座に行くので、のんびりと観光しながらホテル近くまで帰る事が出来ました。

18時頃に戻れたので、前日に閉まってしまった 『ギャラリーラファイエット』 に行こうと思ったら、何とお休み。
日曜日はお休みのようです・・・。

夕食は、目の前にあった 『Hipopotamus』 で。
ステーキのファミレスのようなところです。
コースを2つ頼んで4人でシェアしたのですが、お腹いっぱいでデザートのアップルパイが誰も食べられず、持ち帰りにしてもらいました。
前菜に出て来たフォアグラのペーストが、私も子供達も苦手で、ちょっとそれで気分が悪くなったのかも・・・。

それにしても、旅行中ずっと気になって仕方なかったのですが、パリって物価が高すぎる!!!
500mlのペットボトル飲料が2ユーロで、観光地では3ユーロだったりします。
1ユーロ=¥100に換算したって、¥200とか¥300って事。
それが、現在の円安で、1ユーロ=¥141だから、500mlのペットボトルが¥282~423!!!ビックリ。
何を見ても 『高っ!!』 って言葉しか出て来ません・・・。

そんなわけで、フランス在住の友達の友達に庶民的なレストランを教えてもらっていたのですが、こちらのファミレスで2人分で¥8000。
この物価の高さにはホント、泣かされました。

歩いてホテルに帰ったのは19時過ぎ。
疲れ果てたMIOはベッドに倒れ込んで、そのまま寝てました。

部屋は前日と変えてくれていて、男部屋と隣同士になり、wifiも届くようになりました。
バスタブはないけれど、ベッドがクイーンサイズくらいになっていたし、隅っこでスーツケースを開ける場所が出来たので良かったです。

おまけ・・・
バレエをやっている方ならご存知のキャラクターですが、私もMIOも大好きな 『ダイアナ』。
ルーブルで彫刻と壁画を見つけました!
e0107495_12513914.jpg
狩りを司る月の女神・・・可愛らしいですね♪

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
イイネ!と思ったらポチっとお願いします♪
[PR]
by shabbystyle-kao | 2014-05-09 13:09 | 2014年フランス旅行